こんなメールをしました、一部編集
現状での私のブログに対する理解程度はまだ怪しいのですが、間違いがあれば教えてほしいなあ。

-------------以下はコピー-------------------
ブログってご存知ですか?
これって、おもしろい使え方ができます。
例えば 一つのホームページ上に複数の人が記事を投稿できるので 書評とか出版物の紹介とかを権限をもったたくさんの方が寄せ書きできます。
そして、一つずつのタイトルが一覧に自動でなります。
さらに複数のカテゴリーを混ぜて書き連ねてもカテゴリー別の一覧ができます。
カレンダー機能で日別の閲覧もできます。
さらに全体の記事内容を対象に検索ができます。
今実験中の私のブログ http://kura.exblog.jp/

なんといってもホームページを見ることができる環境さえあればどこからでも気軽に投稿更新設定変更ができる便利さがよいです。作製に特別のソフトを必要としないのです。画像をつけた投稿が可能です。

コメント可能にしておけば誰でも掲示板のようにコメントをつけることができます。コメントは書く人が公開非公開を決めることができますから、コメントをオーナーだけに見てもらう=第3者には見せないと言う設定もできます。記事それぞれでコメントを可能にしたり不可にしたりできます。

検索機能もあります。

これっていろいろ使えると思いませんか?
タイプとして2通りあります。
一つは無料でツールと場所を貸してくれるところが結構あるのです。私が使っているところのほかにも
http://blog.nettribe.org/
http://blog.seesaa.jp/
http://d.hatena.ne.jp/
http://ch.kitaguni.tv/
http://www.kooss.com/blog/
これ以外でも NIFTYも同様のサービスをしています。
こういったところは手軽なんですが、機能に一長一短があります。

もう一つのタイプは ブログ用のソフトそのものをサーバーもしくは自分のホームページスペースにインストールして自分なりにカスタマイズしてしまうやり方です。ちょっと面倒ですが機能面では自分の好きなように出来ます。こちらのほうもソフト自体は商用でなければ無料で使えるものがほとんどです。
こちらをやって見たいのですが、ブログソフトそれぞれにインストール環境に条件があります。cgiですから、パールは必要ですがそれ以外にもさまざまなのです。

まだ調べているところなのですが、方向としては版元がそれぞれに勝手に新刊等を投稿(画像をつけることができます)=アップロードして、コメントや書評をつけられるようにする。簡単な内容をつけたりしておけば書誌情報にもなりますね。

投稿を書店や古書店にまで広げることは可能だと思います。

今の検討課題は 
1、どこにおくか 
2、ブログソフトの選定
選定条件は
全文検索ができること、
投稿を複数に許しその管理が出来ること
記事をCSVでエクスポートできること

今考えているのここのあたりまでです、すでにこういったことを検討しておられるかも
しれませんね。ご意見をお伺いしたいです。

めざしていることはみんなでいい加減な内容の=様式を堅く決めない 書誌情報検索兼書評サイトを作ってしまおうというものです。
-----------------ここまで------------------
[PR]
 何ということなく私の連休は終わった。5日は仕事をすると決めていたので4日までの3日間片づけしたりパソコンしたり居眠りしたり本を読んだり。終わってみれば短くもあり、はじまる前はゆっくり楽しめるかなと思ったり。自分ながら感覚のいい加減さにあきれる。まあ、少しは片付いたし、本も1冊読み終わったし、メールの返事も書いたし。まあ、少しはε==3ホネ休みにもなったなあ。昨日から仕事、そしてブログのいろいろ探索が続いている。
 ちょっと横道にそれて、ICタグ関連のページをいくつか読んでいた。科学だ技術だといっても使うのは人間。ICタグという技術を取り巻くいろんな人のカラフルな評価がこれからの波風を暗示しているようであった。
[PR]
a0017066_81457.gif 今年も大和郡山市で金魚すくい選手権がある。今年で10回目、よくがんばってる。8月の全国大会に向けての大和郡山市大会が6月5日に中央公民館で開催。団体戦なし、申し込み定員なしで全員参加可能。
 小中学生の部と一般の部に分かれて行われ上3位までは表彰、予選通過者(人数未定)は全国大会に出場することになる。
 申し込みははがきで5月20日までに事務局必着。FAXもOK0743-55-4911 http://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/kingyoからも申し込みできる。
問い合わせ電話 0743-53-1151内線563 電子メール ykkingyo@kcn.ne.jp

金魚の画像は金魚王国からいただきました
[PR]
 コメントを記入するテストをしてみた。コメントはまさに掲示板と同じパターンで、パーミッションさえ通っていれば 誰でもが書き込みをできる。オープンコメントと非公開コメントを書き分けることができるので、プライベートな書き込み方も出来るということになる。自分で非公開コメントをつけて覚書にすることもできる。応用方法は色々とありそうだ。
 今日は 自分のメインホームページから リンクを張ってみた。ちなみに ここはexciteが提供してくれている無料のブログだ。ブログといわれているものの機能がすべて使えるかどうかはまだわからない。おいおいと機能を試していこうと思う。他の無料ブログも試してみよう。
[PR]
 5月2日日曜日 何の計画もなく まあ、時間がまとまってできるんだから 掃除でもしようかなというだけの なんことはない 何もない連休。本を読んで、、やっぱかたずけでもするか、、、
 眠気がするからごろ寝もありだな。
[PR]