<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブログと関連があるわけではないが、

インターネットは果てしなくという思いを日々新たにさせてくれるものが次々と目の前に現れる。

駅探 おでかけ道案内文字
http://www8.ekitan.com/rmap/Find.jsp?ar=7
長らくヤフーの路線案内で列車の乗り継ぎや出る時刻つく時刻を確かめていたが、先月JR東西線北新地駅あたりへ行く用事があって、調べていたのだがども京橋での乗換えがうまく出てこない。で、うろうろしていて「駅探」をみつけた。
まずは目標になる会社とか建物とか住所とかなんか入れて検索、選択肢が出たら近そうなところを選ぶ、さらに最寄の駅名が出るので選ぶ、するとごていねいな道案内マップが表示される。さらに乗車駅を入力すると乗り換え案内で運賃や時刻、所要時間などもしらべることができる。
[PR]
インターネットだとか、ブログだとか、***だとか、、、、、
目に触れ手に触れる目新しいもの、、なおかつ、ポケットに持ち合わせる以上の費用や特別の修練の要らないもの、、、そういったものに  関心がもてるかどうかは人によってかなり違うものだとわかった。 ごく常識的なことなのかもしれないが、、、

きのう、パソコンソフトを一緒に世に送り出した仲間の書店さんと話をしていて、そういわれた。あたらしいことを知りたい、とか、何かわからなかったことがわかるようになったときの感激とかいった感情は万人共通することではないのだろうか、

私にとって、ほんの少しの未来がこんなふうではないかなと考えることは、考えてみるということを楽しく感じるとかおもしろくないとかとかいうことでなく、生きるうえで重要な要素ではないかとおもっている。少し未来の楽しいことは「希望」であり、少し未来の危険を考えて予防することは自分の身を守るために誰しもがすることではないのだろうか、、

荒唐無稽 空想 夢想 そういうことにうつつをぬかしている間があったら、目の前の仕事をこなせ、パンを稼げというほうがよい生き方なのだろうか、、、

そんなことを考えながら暗闇を走り抜ける電車に揺られて家路についていた。仕事バリバリだけでなくパソコンも地元での活動もしっかりとこなしている方なのだが、「まだぶろぐもようわかれへんねん」といわれたとき((へ?))と思ってしまった。いろんなひととはなしていると、どうもブログがこれだけメディアに頻繁に登場しているにもかかわらず、まだまだマイナーなのだということがわかった。

いま、私を取り巻く社会の中で 「常識」という言葉が無意味になっているような気がする。「知っているということと知らないということ」、「できるということとできないということ」そういった、情報とかの個人としてのいわゆるリテラシーが、ごく身近な社会の中で とてつもない個人差がでているのではないかと感じた。人は一人で生きていくことは難しい、いろいろな形の社会に属している。その中で共通の土俵の上で言葉を交わし、支えあって生きているはずなのだが、いくつかある共通な土俵、そういった基盤が増えているにもかかわらす、そうした基盤が狭いものがばらばらとなって、距離とは別の疎外感を生んでいるのかもしれない、、

相手の土俵に立って、相手をよくみて、コミニケーションをとる、ともに生きる、そういった相手のたっているところを思いやる気持ちがさらに求められる時代になりつつあるということなのかもしれない。
[PR]
エキサイト山村社長からオススメのワイン付きお食事のご招待

本日の記事を入れて、なんしろ wikiですよ、、社長!

まま、その話は別にして自分のブログを少しさかのぼってながめていく中で
2005年 05月 19日 ここのエキサイトの社長
といううタイトルで入れた記事のリンクから、「おひさでーーす」と社長のブログをのぞきにいったら、、、なんとですね、

>さて、今年もプレゼント企画です。なんと今年は、もう銀座で、日本で、
>もう名店として最も予約が取りにくい店となりました、銀座 かわむらの
>貸切、で小生と酒飯会のプレゼントです!!!!!!!。
>(かわむらについては過去のブログをご参照ください。)

むむ、、、わかってるんですよ、、社長がねえ、、むさいおっさんより気のきいた女性のほうがお好みだということは、、でも、私的になのですが、、ワインのついた(^。^;)ホッ!(>O<)カァーッ ( -.-)ペッモぶっ飛ぶような肉もよいのですが、この社長には一度なまで会ったみたいなあと思ってたんですよ、まじで。それにね、わたしゃ酒に弱いし、仕事も田舎のちいさな本屋の親父だし、いいんですがね、べつに。趣味も金のかからんごくオーソドックスなところだしねえ、、話も会うかどうかわからないんだけど、、まあ、関西人としてうまいもんやったら話しの種に一度は食べてもみたい気もあるしねえ、、貸切ですかア、、

まあ、厳正な抽選やというお話やし、当たってしまったらごかんべんのほどを n(_ _)n
外れたらなんですけど、次の企画のときでもええですから、社長室で社長と1時間だけコーヒーをするという2等賞とか3等賞とかがあるといいなあ、、

でもなあ、ほんまにあたったら、、奈良から東京までの往復の旅費をどない工面するか、こんななこと考えてほのぼのするだけでもいいのかもしれまへんな、、おおきに
[PR]
by kura1948 | 2006-02-05 18:57 | その他
ブログは十分に社会に認知された。しかしながら、それはブログという名前だけが知れ渡ったというだけのことで、新しいホームページの形ぐらいにしか思われていないようではあるが。

そうだとしても、特別のソフトを用意するという必要もなしに簡単にはじめることが出来、ホームページ運用の面倒な点であった、更新という作業がネットさえつながっていれば気軽にできるという便利さだけでもいいかもしれない、

別で wikiもさわりはじめた、、
http://www8.atwiki.jp/kura1948/
これもインターネット上で新しい力を発揮しているツールです。無料でかんたんに開設できるのでまたまた あちこちの機能比べなどをして 作り散らかしてしまっている
http://kura2006.wikiwikiweb.jp/FrontPage/

これの可能性は高いと思う、ブログよりもさらに使い道の幅が大きいと思う。これを触り始めて、ブログのほうで 後回しにしていた、 RSS と トラックバック。ここいらの概念と実際の運用のノウハウの学習に再度挑戦となりそう、、、、、

いやああ、インターネットは楽しいですねえ、、、きりがない
[PR]