2007年 03月 02日 ( 1 )

本業書店でもオンラインでの注文が日常的になって来ました。小学館が書店向けにオンライン注文のサイトを開いてくださったときはまさに感動ものでした。今では多くの版元さんがオンラインで注文の窓口を開いてくださっています。お客様からの問い合わせやご注文にお応えする時にとても心強いことです。残念なことに版元さん自身でオンラインの受注をされているようなところを開いておられるのですが書店向けの窓口なり受注についてのメッセージがまったくないサイトも多く見受けます。そういう版元さんへの注文は原則従来からの方法=紙による発注となります。紙による注文は取次さんも嫌がるほど手間がかかり時間もかかりまた事故も多いのです。読者と直接向かい合う書店での販売に関心がないのかなと思ってしまうのですが、、、

オンライン注文のできるはありがたいのですがサイトの使い勝手がもう一つのところとか異常に重いサイトととか結構あったのですが、先ほど久しぶりに角川書店の書店向け受注サイトを訪問しましたらとっても軽くなって使い勝手もよい注文のしやすいサイトに変わっていました。ここは異常に重くて疲れるサイト代表みたいに噂していたところですが、角川さん、オオキニ!しばらく見ないうちにずいぶん変わりましたね。ありがたいことです、しっかり注文を出させていただきますね。

ひきかえ 自分のホームページはあれこれやってみたいことに手をつけたままで中途半端この上なしになっています。なんとかせななああ、、、
[PR]